露天風呂付客室のある宿 ~「日本秘湯を守る会」の会員宿

「日本秘湯を守る会」露天風呂付客室のある会員宿

「日本秘湯を守る会」の会員宿は山奥の秘湯で鄙びたイメージがあるかもしれませんが、露天風呂付客室がメインとなるハイクラスの宿もあります。中には湯治場だと思っていたら意外にも露天風呂付客室があったり。

お風呂三昧したい方へ、カップル、ファミリー水入らずで過ごしたい方へ。

「日本秘湯を守る会」の会員宿で客室露天風呂のある宿を日本列島北から順にご紹介します。温泉内湯付客室もついでにご紹介します。

*予約は電話のみの受付となる場合がございます。

 

記事作成日:2018/3/24


[スポンサーリンク]








【東北地方】

◆元湯 猿倉温泉(青森県十和田市)

もとゆ さるくらおんせん

「元湯 猿倉温泉」は、八甲田山の南山麓、登山口にある一軒宿です。酸ヶ湯温泉まで通り沿いに車で15分ほどの距離にあります。湯量が豊富なため、十和田温泉郷にもお湯を提供しています。

客室に露天風呂が付いているのはメゾネットタイプの離れの4棟。温泉は硫黄泉で乳白色のにごり湯でもちろん源泉かけ流し。部屋風呂の隣には天然温泉を利用した蒸し風呂までついています。

本館と新館にもそれぞれ男女別のお風呂があり、24時間利用可能です。館内もオシャレな雰囲気で食事も美味しく、大変人気のある宿です。

4月下旬〜10月末日までの期間限定営業。

離れは1人19,440円~ *2名以上で宿泊可能

⇒「元湯 猿倉温泉」へのアクセス&宿泊予約の詳細はこちらへ


◆松川温泉 松楓荘(岩手県八幡平市)

まつかわおんせん しょうふうそう

「松川温泉 松楓荘」は、八幡平の東麓、松川沿いにある一軒宿。昔ながらの湯治場のような鄙びた雰囲気の宿ですが、意外にも1室だけ桧風呂の付いた客室があります。

お湯は濃厚な硫黄泉のにごり湯。館内には1、旧・男女別大浴場(内湯・露天風呂)、2新・男女別大浴場(内湯)、3、館内の混浴露天風呂とお風呂の種類も豊富。温泉重視の方におススメ。

*写真は2014年に新設された内湯

*外湯の混浴洞窟風呂は土砂崩れのため現在は閉鎖されております。

⇒「松川温泉 松楓荘」へのアクセス&宿泊予約はこちら


◆泥湯温泉 奥山旅館(秋田県湯沢市)

どろゆおんせん おくやまりょかん

秋田県を代表する乳白色のにごり湯の宿。地獄から吹き上がる湯けむりと素朴な温泉街の風情が何とも言えないまさに秘湯の宿です。

1室だけある特別室には樽型の露天風呂がついています。料金は21,750円~(2名以上で宿泊可能)。

*2016年に発生した火災の影響により、現在は日帰り入浴のみの営業となっております。2018年年度には建物再築に着手する予定だそうです。

4月下旬~11月中旬までの期間限定営業

⇒「泥湯温泉 奥山旅館」の入浴レポを見る


 

◆肘折温泉 丸屋(山形県大蔵村)

ひじおりおんせん まるや


に哺乳数の豪雪地帯にある昔からの湯治場、肘折温泉。「丸屋」は全7室のみのこじんまりとした大人の隠れ家。

源泉かけ流しのお風呂が付いているのはグランドルーム「月山」1室のみ。30畳ある広い客室、天然素材にこだわったインテリア、半露天風呂も青森檜を使用しており、リラックスできる空間になっています。料金は27,490円~2名より宿泊可能。

 

⇒「肘折温泉 丸屋」へのアクセス&宿泊予約はこちら


 

◆中山平温泉 琢ひで(宮城県大崎市)

なかやまだいらおんせん たくひで

鳴子温泉郷の一つ、中山平温泉は化粧水のようにトロトロするお湯で「うなぎ湯」と呼ばれています。

客室露天風呂があるのは特別室の「松島」。もちろん、源泉かけ流しです。21,500円~(2名から利用可能)

⇒「うなぎ湯の宿 旬樹庵琢ひで」へのアクセス&宿泊予約はこちら


 

◆高湯温泉 旅館ひげの家(福島県福島市)

たかゆおんせん りょかんひげのいえ

「高湯温泉」は、濃厚な硫黄泉のにごり湯で人気の温泉地です。

「旅館ひげの家」は、素朴な風情を持ちながらモダンな料理とのギャップで人気の宿でしたが、2016年10月に露天風呂付のスイート2室、テラス付のジュニアスイート2室を新設。ハイクラスの宿に生まれ変わりました。

露天風呂付客室は23,000円~、2名より宿泊可能です。

⇒「旅館ひげの家」へのアクセス&宿泊予約はこちら

 

 

◆「中ノ沢温泉 御宿 万葉亭」(福島県猪苗代町)

なかのさわおんせん おやど まんようてい

「中ノ沢温泉」は、安達太良山の麓にある沼尻元湯からお湯を引く全施設が源泉かけ流し100%を実現している温泉地。「御宿万葉亭」は温泉街から少し離れた森の中にある静かな一軒宿。

日帰り客NG、16歳未満NGなので、ゆっくりと静かな時を過ごしたい人におススメ。

温泉付の客室は「すみれ」一室のみ。檜の半露天風呂で、裏山の紅葉林を眺めながら入浴できます。23,760円~2名より利用可能。

⇒「御宿万葉亭」へのアクセス&宿泊予約はこちら

 


◆二岐温泉 大丸あすなろ荘(福島県天栄村)

ふたまたおんせん だいまるあすなろそう

「二岐温泉」は、二岐山の東麓にある旅館6軒のみの小さな温泉地。「大丸あすなろ荘」

は二岐川渓流沿いにある野趣あふれる露天風呂と、足元から湧出する自噴岩風呂が名物の宿です。

露天風呂付客室は4室、 内湯+露天風呂付客室は2室あります。もちろん、かけ流しです。21,750円~、1名から利用可能。

⇒「大丸あすなろ荘」へのアクセス&宿泊予約はこちら


 

【関東地方】

◆大丸温泉 大丸温泉旅館(栃木県那須町)

那須岳ロープウェイの手前にある一軒宿です。川をせき止めた天然の露天風呂が名物の宿。和モダンな雰囲気とボリュームある食事、サービスに定評があり、那須周辺では1位、2位を争う人気の宿です。那須の御用邸にもこの宿の源泉のお湯が引かれています。

大丸温泉には露天風呂付の客室はありませんが、別館の通常和室にある内湯は温泉、一番広い12畳間には桧風呂がついています。本館にある特別室には桧風呂の内湯と足湯がついています。

温泉内湯付の別館和室は15,120円~1名より宿泊可能、別館12畳桧風呂付客室は21,060円~2名より宿泊可能、本館特別室は29,700円~2名より宿泊可能。

⇒「大丸温泉旅館」へのアクセス&宿泊予約はこちら


◆湯西川温泉 平の高房(栃木県日光市)

ゆにしがわおんせん たいらのたかふさ

平家の落人伝説がある湯西川温泉。「平の高房」は湯西川温泉からさらに2キロほど奥にある一軒宿。

四方を山に囲まれた1万2,000坪の敷地に点在する宿の建物、大谷石を使った重厚なロビーと、民芸調の客室はとても趣があります。

露天風呂が付いている客室は離れに2室あり、3世代ファミリーで利用しても十分な広さです。「望郷亭」にはカラオケもついています。」閑静亭」は14,040円~2名より宿泊可能。 「望郷亭」は18,900円~4名より宿泊可能。

⇒「平の高房」へのアクセス&宿泊予約はこちら


 

◆たんげ温泉 美郷館(群馬県中之条町)

たんげおんせん みさとかん

「美郷館」は、四万温泉の手前にある静かな一軒宿。材木商らしい木をふんだんに使った純和風建築の館内と露天風呂からの景観が素晴らしい宿。

露天風呂付客室は「花水木」の1室のみ。渓流を眼下に望む1人サイズの露天風呂です。32,400円~2名以上で利用可能。

⇒「たんげ温泉 美郷館」へのアクセス&宿泊予約はこちらへ


 

◆下仁田温泉 清流荘(群馬県下仁田町)

しもにたおんせん せいりゅうそう

ネギでおなじみ、下仁田の山あいにある一軒宿。広大な敷地内では自家栽培の農園とジビエ料理に提供される飼育されている。温泉は冷鉱泉のため加温してあるが、露天風呂では非加熱の冷泉も楽しめる。

完全な露天風呂付客室はないが、檜の内湯、つぼ湯又は半露天風呂の付いた離れの客室が3つある。

料金は~22,680円~、2名から宿泊可能。

⇒「下仁田温泉 清流荘」へのアクセス&宿泊予約はこちら






【甲信越地方】

◆仙仁温泉 岩の湯(長野県須坂市)

せにおんせん いわのゆ

半年~1年先まで予約が取れないと言われる「仙仁温泉 岩の湯」。宿泊してみればその理由が分かります。

名物の洞窟風呂は探検気分で、貸切風呂は優雅な時を過ごすのにピッタリ。温泉はもちろんかけ流し。料理の演出も凝っていて贅沢な気分を味わえます。

露天風呂付の客室は「仙暫定」にある離れの4室。料金は29,500円~。

希望通りの部屋を選べるのかはその時の空室状況によります。

⇒「仙仁温泉 岩の湯」へのアクセス&宿泊予約はこちら


 

◆奥天竜 不動温泉 佐和屋(長野県飯田市)

おくてんりゅう ふどうおんせん さわや


露天風呂付客室があるのは特別室「鳳輦」。「秀逢」には窓を開閉できる半露天の桧風呂が付いています。いずれも26,827円~2名より宿泊可能。

⇒「奥天竜 不動温泉 佐和屋」へのアクセス&宿泊予約はこちら


 

◆鷹の巣温泉 鷹の巣館(新潟県関川村)

たかのすおんせん たかのすかん

吊り橋っ渡った先にある離れ主体の静かな宿。荒川沿いにある8室の離れには内湯付タイプと二間+2~3人入浴できる内湯と露天風呂が付いているタイプ、広い露天風呂の付いている特別室・貴賓室の3タイプがある。川沿いにはプライベートテラス(又はベランダ)も付いているので、ファミリーでもゆったりくつろげる。離れは19,440円~2名より宿泊可能。

⇒「鷹の巣温泉 鷹の巣館」へのアクセス&宿泊予約はこちら

 


【東海地方】

◆桜田温泉 山芳園(静岡県松崎町)

さくらだおんせん さんぽうえん

「山芳園」は、西伊豆松崎町の山あいにある田園風景に囲まれた一軒宿。10室のみで日帰りNGなので、静かで落ち着いた宿です。

温泉付の客室は、岩風呂(内湯)付の「椛」、露天風呂付「川蝉」、離れにあるメゾネットタイプの「木の蔵」の3室があります。特に「木の蔵」は、鯉を眺めながら入浴できるという変わったタイプの客室で人気がある。21,600円~いずれも2名より宿泊可能。

⇒「桜田温泉 山芳園」へのアクセス&宿泊予約はこちら


◆新穂高温泉 槍見舘(岐阜県高山市)

しんほたかおんせん やりみかん

蒲田川沿いにある露天風呂から北アルプス槍ヶ岳を望むことから名付けられた「槍見館」。

温泉付の客室は、内湯付+バリアフリー仕様の1室と(21,750円~)、露天風呂付離れの「霧」(28,230円~)・「霞」(30,390円~)の2部屋がある。

いずれも2名より宿泊可能(離れは中学生以上のみ利用可能)。

⇒「新穂高温泉 槍見舘」へのアクセス&宿泊予約はこちら


◆福地温泉 いろりの宿 かつら木の郷(岐阜県高山市)

ふくちおんせん いろりのやど かつらぎのさと




「湯元長座」の姉妹館として福地温泉に誕生した「かつら木の郷」。緑に囲まれた静かな環境、全室離れ形式、貸切風呂も充実しているハイクラスの宿です。

専用露天風呂付の客室は「Dタイプ」の2室(桧は岩風呂)。27,000円~2名より宿泊可能。

⇒「かつら木の郷」へのアクセス&宿泊予約はこちら


 

◆湯屋温泉 泉岳舘(岐阜県下呂市)

ゆやおんせん せんがくかん

「湯屋温泉」は下呂温泉より30キロ、若栃山の北麓にある温泉。源泉温度は15度前後の冷鉱泉ですが、日本有数の炭酸ガス含有量を誇る「ラムネ」の湯と呼ばれています。

露天風呂の付いている客室は「鄙湯」。眼下に渓流を望みながらラムネの湯を独り占めできいます。客室の露天風呂は加温かけ流し。20,520円~2名より宿泊可能。

⇒「湯屋温泉 泉岳舘」へのアクセス&宿泊予約はこちら


◆神明温泉 湯元 すぎ嶋(岐阜県関市)

しんめいおんせん ゆもと すぎしま

露天風呂付の客室は「土蔵特別室」の2室。1階が囲炉裏のあるリビング+浴室、2階が寝室のメゾネットタイプ。料金は23,760円~、2名より宿泊可能。お子様は不可。

⇒「神明温泉 湯元 すぎ嶋」へのアクセス&宿泊予約はこちら

 


【近畿地方】

 

◆川湯温泉 冨士屋(和歌山県田辺市)

かわゆおんせん ふじや

熊野古道沿いにある川湯温泉。12月~2月まで川をせき止めた天然の露天風呂「仙人風呂」がオープンする。「冨士屋」は仙人風呂のすぐ目の前にあり、立地も便利。部屋からも川のせせらぎと仙人風呂を望むことができる。

西館3階には河原に面したモダンルームが3室あり(「せきれい」・「ほたる」・「かじか」)、熊野産の木材にこだわり、テラスには足湯付の露天風呂がある。25,340円~1名より宿泊可能。

⇒「川湯温泉 富士屋」へのアクセス&宿泊予約はこちら


 

◆龍神温泉 下御殿(和歌山県田辺市)

りゅうじんおんせん しもごてん

「龍神温泉」は日本三大美人の湯の一つ。化粧水のようなトロトロのお湯が特徴。

テラスに陶器の露天風呂が付いた客室は2部屋ある(「つつじ」、「あやめ」)。料金は19,656円~2名より宿泊可能。

⇒「龍神温泉 下御殿」へのアクセス&宿泊予約はこちら


 

【四国地方】

◆祖谷温泉 和の宿 ホテル祖谷温泉(徳島県三好市)

いやおんせん わのやど ほてるいやおんせん

川に面した露天風呂までケーブルカーを下っていくのが名物の祖谷渓を見下ろす高台に建つ宿。温泉は四国一のぬるすべ硫黄泉でかけ流し。

客室に露天風呂がついている部屋は4階

露天風呂付客室「相生~あいおい」、「ふたりじめ」、「さよすがら」、「花伝」、露天風呂・足湯付客室「玉響~たまゆら~」の5室があります。27,6670円~、1名でも宿泊可能。

⇒「ホテル祖谷温泉」へのアクセス&宿泊予約はこちら


 

【九州地方】

◆筋湯温泉 山あいの宿 喜安屋(大分県九重町)

すじゆおんせん やまあいのやど きやすや

九重連山の西麓にある筋湯温泉。「喜安屋」は温泉街の中心部から少し離れた高台にある静かな一軒宿。全10室露天風呂付離れがあり、貸切風呂も充実。料理も美味しく、リーズナブルで家族・夫婦水入らずで過ごしたい方におススメの宿です。

料金は17,820円~2名より宿泊可能。

⇒「山あいの宿 喜安屋」へのアクセス&宿泊予約はこちら


 

◆内牧温泉 親和苑(熊本県阿蘇市)

うちのまきおんせん しんわえん

「内牧温泉は阿蘇市内の中心部からほど近い町の中にありますが、「親和苑」は緑に囲まれた静寂な環境にあります。料亭のような美味しい食事と石切り露天風呂の付いた離れの客室が人気の宿です。離れの客室は21,000円~、2名より宿泊可能。

⇒「内牧温泉 親和苑」へのアクセス&宿泊予約はこちら

 


 

◆産山温泉 奥阿蘇の宿 やまなみ(熊本県産山村)

うぶやまおんせん おくあそのやど やまなみ

ホタルも生息する清流の小川沿いに建つ一軒宿。囲炉裏を囲む夕食と朝食のお漬物バイキングが人気の宿。石切りの家族風呂が中心の宿でしたが、2014年8月にはその家族風呂を改装し露天風呂付客室を新設。

露天風呂付客室は2室。19,980円~、2名より宿泊可能。

⇒「産山温泉 やまなみ」へのアクセス&宿泊予約はこちら

 


◆黒川温泉 旅館山河(熊本県南小国町)

くろかわおんせん りょかんさんが

「旅館山河」は、黒川温泉の中心部から離れた川沿いにあり、自然と調和のとれた風情ある露天風呂が人気の宿です。露天風呂付客室は離れと別棟にに各1室、石切風呂(内湯)付客室は離れに1室、別棟に4室あります。

石切風呂付客室は19,400円~、露天風呂付客室は23,760円~、原則2名より宿泊可能、内湯付客室は空いていれば1名から宿泊可能です。

⇒「黒川温泉 旅館山河」へのアクセス&宿泊予約はこちら


 

◆小浜温泉 旅館國崎(長崎県雲仙市)

おばまおんせん りょかんくにさき

島原半島雲仙岳を望む海岸沿いにある小浜温泉。「旅館國崎」は裏路地にある大人の隠れ家。日本一高温の源泉&塩分濃度の濃いお湯をかけ流し100%で利用しています。

温泉もさることながら食事には定評があり、海の幸、ステーキが絶品。普段ハイクラスの宿を利用する人にも大好評。

露天風呂付客室は、離れにある古民家をリフォームしたメゾネットタイプの「やまぼうし」。1日1組限定でスペシャルなおもてなしを受けることができます。

⇒「小浜温泉 旅館國崎」へのアクセス&宿泊予約はこちら


 

◆湯本温泉 平山旅館(長崎県雲仙市)

ゆのもとおんせん ひらやまりょかん

「湯ノ本温泉」は長崎の離島、壱岐の西海岸にある島で唯一の温泉地。「平山旅館」は近年「日本秘湯を守る会」に加盟。

温泉は塩分の多い茶褐色のにごり湯でかけ流し。盛りだくさんの海の幸と自家栽培オーガニック野菜の朝のサラダが名物。

露天風呂付客室は特別室「月の間」の1室のみ。30,240円~2名より宿泊可能。

⇒「湯本温泉 奥壱岐千年湯 平山旅館」へのアクセス&宿泊予約はこちら

 


 

◆妙見温泉 おりはし旅館(鹿児島県霧島市)

みょうけんおんせん おりはしりょかん

天降川の支流に建つ妙見温泉を代表する宿。築100年超の純和風建築「本館」と、自炊棟の「山荘」、さらに2015年リニューアルに伴い露天風呂付の離れが新設されました。

露天風呂付の客室は新設された川沿いの露天風呂3室、敷地内に点在する5室、歴史のある離れの特別室2室があります。

川沿いにある内湯+露天風呂付離れ「やませみ」、「ふくろう」、「かじか」25,000円~。

川沿いウッドデッキ+露天風呂付客室「川霧」30,000円~、月明かりの見える露天風呂付和室「水明」25,000円~、竹林の中にある内湯+露天風呂付和室「竹林」35,000円~、「天泉」25,000円~、裏山に近い露天つぼ風呂付の離れ「仙水」25,000円~。

数寄屋造りの和洋室で露天風呂付客室「樟庵」45,000円~、文人墨客も多く利用した露天つぼ風呂付の離れ「有楽」23,400円~。

いずれも、2名より宿泊可能。

 

⇒「妙見温泉 おりはし旅館」へのアクセス&宿泊予約はこちら


 

【関連記事】

「日本秘湯を守る会」満足度ランキングBest20!

料理のうまい宿ランキング Best 20! ~日本秘湯を守る会 ~

「日本秘湯を守る会」 貸切風呂のある会員宿

ホタル観賞プランのある宿~「日本秘湯を守る会」の会員宿~

「日本秘湯を守る会」 Q&A

「日本秘湯を守る会」都道府県別 全国の会員宿

目次


[スポンサーリンク]

















 




(このページの訪問者 は695 人, 今日は2人です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.